女の薄毛対策 人気の女性育毛剤⇒女の薄毛対策なら【ヘアなび】|安心して使える人気の女性育毛剤を徹底比較

女性の育毛は昔から大きな課題

女性の薄毛は今も昔も大きな課題。古代から薄毛治療に取り組む働きはありました。
今回はかつての人々が取り組んできた薄毛治療についてご紹介いたします。

 

薄毛治療は約5000年前から行われていた!

エジプトで発見された世界最古の医学書「エーベルスパピルス」には、薄毛治療についての記述があります。
その内容はカバやワニ、ライオンなどの動物からとれる脂を頭皮に塗りこむというものでした。実際にこれらが効果的かどうかは別として、古くから多くの女性が薄毛に悩んでいたことがわかりますね。
薄毛は病気として取り扱われ、その治療法に関してもさまざまな研究が進められていたようです。
他にも鳩の糞、ヤギの尿など、世界各国で古くから動物を利用した育毛方法が試みられてきました。

 

カツラは男性貴族の嗜みに

エジプトでは薄毛治療の研究が進むと同時に、カツラの文化も生まれていました。
今でもカツラをかぶったミイラが発見されたりしています。
古代エジプトでは、薄毛をカバーするというよりは頭皮を守るため、威厳や地位を示すためにカツラが使用されていたと考えられています。
カツラを被るのと薄毛治療は、また別の問題として扱われていたのかもしれません。
その文化は流れ流れて中世ヨーロッパでも見られるようになりました。カツラは当初は薄毛をカバーするものとして使用されていましたが、ルイ13世が高く盛り上がるようなカツラを着用したことから、威厳や風格を示すアイテムとしても使われるようになりました。
この頃はカツラは女性のものというよりは男性貴族の嗜みとして利用されることが多かったようです。

 

平安時代の薄毛事情

平安時代は、女性は髪を結う習慣がなく、大垂髪というロングヘアが主流でした。
髪にかかる負担も少なかったため、薄毛治療はあまり行われていなかったようです。
しかし髪のツヤを出したり整えたりするために、植物からとれるねばねばの液を利用していたという記述があります。
また、米のとぎ汁を使って髪を洗っていたという記述もありますが、その頻度はかなり少なかったと言われています。そのため、お香などを焚いて髪のにおいをごまかしていたとも考えられています。

 

江戸時代の薄毛事情

日本でも薄毛に関する治療法は古くから研究されていました。江戸時代の女性が読んでいたと考えられる「都風俗化粧簿」という書物には、女性の化粧方法や美容方法、ヘアアレンジなどがたくさん掲載されています。
その中に、松葉を髪の薄いところに塗る、コウモリの黒焼きやサイカチという実を煎じてごま油と混ぜて頭皮に塗るなどという治療方法が書かれています。実際の効果は不明ですが、「指で塗ると指に毛が生えるためヘラを使用するように」という記述も見られました。
江戸時代の女性は、このようにして薄毛対策をしていたようですね。
とくに江戸時代は髪を洗う習慣があまりなく、常に髪を結い上げていたようですので、同じところばかりが刺激されて牽引性脱毛症になる女性が多かったと考えられています。「髪生え薬の伝」という育毛剤も発見されており、当時から女性の薄毛は悩みの種だったことが伺えます。

 

明治・大正時代の薄毛事情

明治、大正時代になると海外からの文化が日本国内にも流れてくるようになり、髪を結い上げる女性のヘアスタイルは徐々に変わっていきました。
また、男性もちょんまげから髪を下ろすようになり、今まではあまり気にならなかった薄毛に対する取り組みも増えてきたようです。
明治15年には山崎愛國堂から毛生液というものが製造されました。これが現在の育毛剤のはしりとも言われています。
海外からの知識、ヘアスタイルが急激に浸透してきた明治・大正時代ですが、まだ女性の薄毛治療に関しては本格的なものはなかったようです。

 

昭和時代の薄毛事情

昭和時代になると、ほとんどの生活習慣やファッションが海外の影響を受けたものになっていきました。
昭和7年には花王からシャンプーが登場します。日本で「シャンプー」という言葉が使われ始めたのはこの商品がきっかけとも言われています。
また、現代でも育毛剤で有名な加美乃素も、この時期に登場しました。歴史の中ではさまざまな薄毛治療が行われていましたが、ハッキリと育毛剤という分野を生み出したのは日本が初めてとも言われています。
時代が進み、女性たちはパーマやヘアカラーを楽しむようになりました。これらは頭皮への負担が大きく、薄毛に悩む女性を増やしたと考えられています。また、女性の社会進出が進むとストレスを感じる機会も多くなり、欧米の食も取り入れられるようになったことで栄養バランスが気になるようにもなりました。
それに伴い薄毛に悩む女性の数も増え、薄毛治療に関する研究はますます盛んなものになっていきました。

 

過去の薄毛治療が現代につながっている

歴史上では、世界中でさまざまな薄毛治療が行われてきました。現代、豊富な育毛剤や治療方法があるのは、かつての人々が研究に研究を重ねた結果と言えるでしょう。
今でも薄毛に関する治療法の研究は進められています。歴史を塗り替えるような新しい育毛方法が発見される日も近いかもしれませんね。

 

自然派シャンプー 花しゃん

 

女性薄毛ケアDolci Bolle

 

女性育毛剤Kenomika

 

髪と頭皮のエイジングケア CA101

 

女性育毛剤 AYAKAMI

 

 

当サイトおすすめの育毛剤ランキングはこちらクリック
        ↓ ↓ ↓

比較ページへのリンク画像