母親が薄毛!娘に遺伝する?

母親が薄毛!娘に遺伝する?

母親が薄毛の場合、自分も薄毛が遺伝するのでは…と不安に感じている女性も多いですよね。
男性の場合は父親と同じようなハゲ方をしているケースもよく見られますが、女性でも薄毛は遺伝するのでしょうか。

 

女性が遺伝で薄毛になる可能性は低め

遺伝は薄毛の大きな原因の一つです。しかし、男性が薄毛の遺伝子を引き継ぐ可能性は70%以上であるのに対して女性の場合は20%程度に留まるという研究結果も出ています。
そのため、母親が薄毛でもそこまで遺伝の心配をする必要はないと言えるでしょう。
人間は受精すると2ヶ月から3ヶ月くらいで毛母細胞ができると言われています。このときに男性型の薄毛、AGAの遺伝子を引き継いでいると薄毛になることが決定づけられてしまいますが、AGAはとくに男性に顕著に見られる症状のため、女性には発症しにくいと考えられています。
しかしそれでも女性に薄毛が遺伝してしまうこともあります。そのケースをチェックしてみましょう。

 

母親が薄毛の場合は遺伝する?

母親だけが薄毛で父親が薄毛でない場合は、女性は薄毛を引き継ぐ可能性はかなり低くなります。薄毛というよりは、髪のボリュームが少ない、髪が細いなどの髪質のみを引き継ぐ可能性の方が高いでしょう。
しかしまれに母親の薄毛を引き継いでしまう女性もいます。それは、母親の両親のどちらかがAGAの遺伝子を持っている場合です。
将来薄毛の症状が出てしまうか心配な女性は、母親の薄毛の状態だけでなくその両親の薄毛の状態もチェックしておく必要があります。

 

父親が薄毛の場合は遺伝する?

父親がAGAの症状で悩んでいる場合だと遺伝が強まりそうなイメージがありますが、この場合も遺伝する確率は低くなります。男性と女性の薄毛の原因は違うため、AGAの遺伝子を持っていても薄毛の症状としては現れないと考えられています。
しかし中には女性のAGA、FAGAに悩まされる女性もいるため、油断は禁物。男性ホルモンの影響を受けやすい、皮脂が出やすい、ニキビができやすいといった悩みをお持ちの女性は、FAGAになってしまう可能性がないとは言い切れません。

 

両親ともに薄毛の場合は遺伝する?

両親ともに薄毛の場合は、薄毛になる確率は高まります。AGAの場合もそうですし、髪質が遺伝してもとからボリュームがない、髪が細いなどで悩まされることもあるでしょう。
こちらも隔世遺伝が影響する場合もあり、両親ともに薄毛ではなくても両親のその両親の内誰かが薄毛の遺伝子を持っている場合、薄毛を引き継ぐ可能性があります。

 

女性の薄毛の遺伝はまだ不明な点が多い

女性が母親、父親から薄毛を遺伝するのかについてご紹介いたしました。
しかし女性と薄毛の遺伝子の関係は男性と薄毛の遺伝子の関係より不明瞭な点が多く、まだ研究段階です。
男性よりも女性の方が薄毛の遺伝子を引き継ぎにくいとは言われていますが、それでも5人に1人は薄毛の遺伝子を引き継ぐ計算となっていますので油断は大敵。遺伝にも負けない薄毛対策を考えていきましょう。

 

遺伝による女性の薄毛は防げない?

遺伝による薄毛は治療するのが難しく、薄毛を止めることはできないと言われています。
とくにAGAの原因となる5αリダクターゼの分泌量が多い体質を受け継いでしまうと、その体質を変えることはできません。
では、遺伝で薄毛になってしまった場合は薄毛になるのは仕方がないこと。と諦めてしまうしかないのでしょうか。
しかし、内服薬で薄毛の進行を食い止めることは可能です。5αリダクターゼは男性ホルモンと結びつくことで薄毛を発症しますが、この男性ホルモンとの結びつきを阻止する力のある内服薬が存在します。
この内服薬は残念ながら市販で手に入れることはできず医師の診断が必要ですが、将来本格的な薄毛に悩まされる前に診断を受けて、本当に遺伝によるものなのか、FAGAの可能性があるのかを知っておくことは大切です。

 

AGAクリニックではどんな治療が行われる?女性育毛剤の効果は?

 

遺伝による女性の薄毛は育毛剤が効く?

薄毛対策としてメジャーな育毛剤。遺伝による女性の薄毛にも効果があるのでしょうか。
先ほども少しご紹介しましたが、薄毛は5αリダクターゼと男性ホルモンが結びつくことによって起こります。そのため、5αリダクターゼの働きを抑制する成分が配合されている育毛剤を利用すれば、遺伝ではあっても薄毛の進行を遅らせることができる可能性はあります。
また、男性ホルモンを増やさないような生活習慣を心がける必要もあります。ストレスや加齢などが原因で女性ホルモンが低下し、男性ホルモンが増えてしまうと考えられています。女性ホルモンと似た働きをする成分が配合されている育毛剤を利用するのもおすすめですよ。

 

遺伝による女性の薄毛でも諦めないことが大切

遺伝による女性の薄毛についてご紹介いたしました。一般的に男性と比較すると女性は薄毛の遺伝子を引き継ぎにくいと言われていますが、もし薄毛の遺伝子を引き継いでしまっても諦める必要はありません。
内服薬や育毛剤などからアプローチする方法はたくさんありますので、諦めずに薄毛対策を考えていきましょう!

 

自然派シャンプー 花しゃん

 

女性薄毛ケアDolci Bolle

 

女性育毛剤Kenomika

 

髪と頭皮のエイジングケア CA101

 

女性育毛剤 AYAKAMI

 

 

当サイトおすすめの育毛剤ランキングはこちらクリック
        ↓ ↓ ↓

比較ページへのリンク画像