抜け毛が全然ないのは危険?

抜け毛が全然ないのは危険?

薄毛を気にしだすポイントとして毎日の抜け毛の量があります。毎日すごいスピードで髪の毛が抜けている気がすると、確かにかなり焦ってしまいますよね。しかし、反対に全然抜け毛が気にならなくなったという場合も、薄毛になる可能性を秘めています。どうして抜け毛がないと薄毛につながるのでしょうか。その仕組みを解説します。

 

髪の毛は毎日生え変わっている

男性にとっても女性にとっても抜け毛は怖いもの。枕に抜け毛がついていたり、シャンプーをしたときに抜け毛が指に絡まっていると落ち込みますよね。
しかし、髪の毛は毎日脱毛、発毛を繰り返しています。髪が抜けたら、またそこから新しい髪が生えてくるようになっています。このメカニズムを「ヘアサイクル」と呼びます。
ヘアサイクルには新しい髪が生えてくる成長期、自然に抜ける準備が進む退行期、髪の成長がストップする休止期があり、やがて抜け落ちていきます。そこからまた毛乳頭が活性化して新しい髪を生み出していきます。
つまり抜け毛が起きるのは当たり前のことで、ある程度の抜け毛は気にする必要はありません。

 

抜け毛が少ないのはヘアサイクルの異常!?

では、なぜ抜け毛がない場合も薄毛に注意する必要があるのでしょうか。その原因はヘアサイクルの異常にあります。
ヘアサイクルが正常に行われていると髪の毛は自然に抜け落ちていきますが、いつまでも退行期、休止期が続くとなかなか髪の毛が抜け落ちなくなります。すると新しい髪を育てる準備ができなくなります。ヘアサイクルが長くなると一旦抜け落ちるとその後新しい髪を育てるのも遅くなり、結果薄毛が目立つようになっていきます。
抜け毛がないから薄毛対策はしなくていいと思っていると、気がつかない内に薄毛が進行してしまうかもしれません!

 

抜け毛の量よりも毛根の状態を確認しよう

薄毛対策には抜け毛の量を気にするよりも、毛根の状態を気にすることが大切です。
髪を一本引き抜いてみて、その毛根をよくチェックしてみてください。正常な毛根はマッチ棒のように先端が丸く膨らんでいるはず。このような髪が抜けている場合はまた正常な髪が生えてくるので、とくに気にする必要はありません。
しかし先端が尖っている、細くなっているというような場合は要注意。毛根が弱まっている証拠です。次の髪が生えにくくなっているかもしれません。

 

髪の毛全体が細くなっている可能性も

抜け毛は少ないのに薄毛になってきた気がするという場合、髪全体が細くなってしまっている可能性もあります。
太くてハリのある髪から細くて柔らかい髪になると、当然ながら全体のボリューム感がなくなり、薄毛になったような感じがしてしまいますよね。このように本数や抜け毛はあまり気にならないものの昔より髪がスカスカになってきた気がすると悩む方は意外に多いのです。
その原因にもヘアサイクルがあります。
栄養不足や血行不良が原因でヘアサイクルが短くなると、髪が完全に成長しきる前に抜け落ちてしまい、髪の成長もストップしてしまいます。結果まだまだ成長するはずだった細くて柔らかい髪の毛だけが残るようになり、薄毛になったような感じがしてしまうのです。

 

抜け毛を気にしてシャンプーを控えるのは逆効果

シャンプーをすると髪の毛が抜けてしまうような気がするからシャンプーを控えようとする方がいますが、これは頭皮にとっては逆効果です。頭皮に汚れが残ったままの状態が続くようになり、毛穴を塞いだり頭皮トラブルの原因となってしまいます。
シャンプーをしただけで抜けるような髪は休止期の髪と考えて大丈夫。シャンプーをしなかったから抜け毛が少なくて済んだ!と思っていても、ブラッシングや乾かしているときに結局同じくらい抜けている可能性もあります。ある程度の抜け毛は怖がることなくシャンプーを行いましょう。
女性の育毛に効果的なシャンプーの仕方

 

抜け毛が少なくても育毛剤を利用しよう

抜け毛が少ないから薄毛対策はしなくてもいい!というわけではないということがお分かりいただけましたか?
抜け毛が全然ないというのは、実はヘアサイクルが乱れている証拠なのかもしれません。ヘアサイクルの乱れを放置しておくと、将来的に薄毛が進行してしまいあとからのケアが大変になってしまいます。
育毛剤にはそんなヘアサイクルを正常化させるはたらきもあります。血行促進や頭皮環境を清潔な状態に導く成分が配合されている育毛剤を選んでみてください。
抜け毛は少ないけど全体のボリュームの減少が気になるという方も、育毛剤を使って髪の毛を健康的にするように心掛けていきましょう。

 

もう失敗したくない!女性の育毛剤選びに重要なポイント

 

抜け毛の状態から薄毛対策を考えよう

抜け毛が全然ない場合も気にして欲しい薄毛の可能性について解説いたしました。薄毛対策には、抜け毛の量よりも毛根の状態や髪全体の細さを気にすることが大切です。
抜け毛が少なくてもヘアサイクルが乱れて薄毛が進行しているという可能性も十分にありますので、早めに育毛剤を利用して薄毛対策を取っていきましょう。

 

自然派シャンプー 花しゃん

 

女性薄毛ケアDolci Bolle

 

女性育毛剤Kenomika

 

髪と頭皮のエイジングケア CA101

 

女性育毛剤 AYAKAMI

 

 

当サイトおすすめの育毛剤ランキングはこちらクリック
        ↓ ↓ ↓

比較ページへのリンク画像