市販の育毛剤にも副作用はある?気になる症状を解説

市販の女性育毛剤にも副作用はある?気になる症状を解説

薄毛が気になる方の強い味方、育毛剤。しかし、育毛剤を使ったときの副作用が心配だという方は多いのではないでしょうか。今回は、市販の育毛剤を使う上で気になる副作用についてご紹介いたします。

 

育毛剤による初期脱毛

育毛剤を使うと最初に抜け毛が見られることがあります。これを初期脱毛と呼びます。
育毛剤は強くて健康的な髪を作るための成分が配合されており、現在生えている髪には直接的ないい効果はありません。頭皮の血行を促進させて、髪の生え変わりのサイクルを整えてくれます。
そのため、育毛剤を使い始めると弱い毛が抜けることがたまに見受けられます。
育毛剤を使い始めてからの抜け毛が初期脱毛によるものだった場合、育毛剤をそのまま使い続ければ徐々に健康的な髪に生え変わっていきますので心配ありません。しかし抜け毛が本当に初期脱毛によるものかを見極めるのは難しいですよね。
不安な方は、頭皮の状態をチェックしたり使用している育毛剤を持って皮膚科、クリニックに相談してみましょう。

記事のイメージ画像

 

抜け毛が全然ないのは危険?

 

ミノキシジルによる副作用

育毛剤にはミノキシジルという成分が配合されていることがあります。市販の育毛剤にも含まれることがあり、ミノキシジルには血管を広げて血流をよくする効果が期待されています。
頭皮の血行をよくして栄養を行き渡りやすくするのに効果的なミノキシジルですが、頭皮に湿疹が出る可能性も数%ですがあります。
湿疹、ニキビ、かゆみといったアレルギーのような症状が出た場合はすぐに使用を止め皮膚科に相談してください。
事前に肘の裏などに育毛剤を塗り、かゆみなどが出ないかのパッチテストを行うこともおすすめです。
ミノキシジルだけがこのような反応を引き起こすのではなく、一緒に配合されている化学添加物との相性が悪いという可能性もあります。天然由来成分のみでできている育毛剤などを利用するのもおすすめですよ。

 

アルコールによる副作用

育毛剤の中にはアルコールが含まれていることがあります。アルコールは育毛剤の鮮度を保つためにも役立ちますし、頭皮へ成分が浸透しやすくなるお手伝いもしてくれます。皮膚を守っている膜を破壊し、成分を毛穴に届けてくれるのです。
しかし一方でアルコールは乾燥しやすく、頭皮が乾燥している方にとっては余計にカサカサになってしまったりかぶれてしまう可能性も。
皮膚を守る膜を破壊してしまうので、そこから雑菌がはいって炎症を起こすという可能性もありえます。
また、アルコールにアレルギーがある方は飲むだけでなくこのようにアルコールが含まれた製品に触れるだけでもかぶれたり赤みが出たりすることもあるでしょう。
アルコールにアレルギーがある方、頭皮の乾燥が気になる方はアルコールフリーのものを選んだり、保湿成分がたっぷり配合された育毛剤を使うようにしましょう。

 

化学添加物による副作用

市販の育毛剤には強い効果が見られる成分は少ない分、副作用も出にくくなっています。それでもかゆみやかぶれ、抜け毛などの副作用が出てしまうという場合は、育毛効果のある成分が原因ではなく香料、保存料、着色料、防腐剤などの科学添加物が肌にあっていない可能性も考えられます。
頭皮は毛穴が多く、紫外線に当たる時間も長いため実はとってもデリケートな部分です。
シャンプーのようにすぐに洗い流すのではなく長時間つけっぱなしになるので、その成分内容にはとくに注意したいところ。
なんとなく知名度や広告だけで選ぶのではなく、何が配合されているのか、何が無添加なのかもよくチェックしてから購入しましょう。

 

女性育毛剤に使用されることの多い植物成分とその効果

 

育毛剤による副作用を防ぐには

育毛剤による副作用を防ぐには、まず使用期限を守ることが大切です。育毛剤の中には使用期限が書かれているものもあります。とくに頭皮に優しい防腐剤無添加のものなどは使用期限が短くなっていますので、期限内に使い切るか余っていても処分するようにしましょう。
使用期限が書かれていない育毛剤に関しても、3年程度で使い切る必要があります。毎日使い続けていればこれほど放置することもないかと思いますが、久しぶりに使う際はいつ購入したものかわからないような古い育毛剤は使用しないようにしましょう。
また、直射日光にあてない、フタをきちんと閉める、高温多湿の環境に放置しないなど、保存方法にも気をつける必要があります。これらの注意書きも育毛剤に記載されていることが多いですので、きちんと守るようにしてください。
このように使用期限、保存方法を守ることによって育毛剤の成分が劣化するのを防ぎ、副作用を予防することもできます。

 

育毛剤の副作用を知っておこう

育毛剤の副作用についてご紹介いたしました。
髪や頭皮を強くして健康的な状態に導いてくれる育毛剤ですが、成分が合わなかったり使用方法を間違えると副作用を引き起こす可能性もあります。
使用する場合は十分に気をつけて、少しでも異変を感じたら専門家に相談することを忘れないようにしましょう。
クチコミやレビューを参考にして、自分に合う商品かどうかを事前に見極めることも大切ですよ。

 

頭がかゆい!かぶれた時の応急処置法

 

自然派シャンプー 花しゃん

 

女性薄毛ケアDolci Bolle

 

女性育毛剤Kenomika

 

髪と頭皮のエイジングケア CA101

 

女性育毛剤 AYAKAMI

 

 

 

当サイトおすすめの育毛剤ランキングはこちらクリック
        ↓ ↓ ↓

比較ページへのリンク画像