育毛剤と発毛剤って違うの?それぞれの特徴を徹底比較!

育毛剤と発毛剤って違うの?それぞれの特徴を徹底比較!

薄毛、抜け毛などの髪の悩みを解決するためのアイテムを調べていると、育毛剤の他に発毛剤というものがあることに気づいたという方は多いのではないでしょうか。
育毛剤と発毛剤はどのような点が違うのかを解説いたします。上手に使い分けて、より早く髪の悩みを解決しましょう!

 

育毛とは?

まずは育毛と発毛の違いを確認しましょう。
育毛とは、今生えている髪をしっかり育てていこうという考え方です。今は髪が生えていても、頭皮の環境が悪かったり栄養が不足していると髪を維持する力が弱くなり、抜け落ちやすくなってしまいます。このような状態が続くと薄毛が目立つようになってしまいます。
育毛ではこのように髪が抜けるのを防いだり、丈夫な髪を育てるようにしていきます。

 

発毛とは?

一方で発毛とは、髪の毛を増やすことを言います。育毛では現状維持が精一杯ですが、発毛では抜けて薄くなってしまった髪を再び昔のようにするというはたらきがあります。
このように育毛と発毛は考え方が違うので、間違えたアイテム選びをしないようにすることが大切です。

 

育毛剤と発毛剤は分類が違う

育毛剤と発毛剤は、そもそもそのアイテムの分類が違います。
育毛剤は市販でも購入することができる医薬部外品であるのに対して、発毛剤は医師の診断や処方箋が必要な医薬品として分類されます。
医薬部外品は誰でも購入することができる分効果も副作用も弱いものになっていますが、医薬品はより効果が高い分、副作用が出る可能性もあるため医師の指導のもと使用する必要があります。
さらに育毛剤と発毛剤の違いを詳しくチェックしていきましょう!

 

育毛剤の効果

育毛剤には今ある髪を丈夫に育てる効果がある他、生えている髪を抜けにくくする効果も期待できます。また、新しい髪が生えるのを補助するはたらきもありますが、直接的な影響はありません。

発毛剤の効果

発毛剤には新しく髪を生やす発毛効果があります。他には育毛剤と同じように、今ある髪を丈夫に育て、抜け毛を予防する効果も期待できます。

 

発毛剤の安全性について

今ある髪を丈夫にするだけでなく新しく髪を生やしてくれる発毛剤。じゃあ、育毛剤より発毛剤の方がいいのでは?と思った方も多いかもしれませんが、必ずしも発毛剤の方がいい!というわけではありません。
先ほども少しご紹介しましたが、発毛剤は育毛剤にはない副作用が生じる可能性もあります。
発毛剤に配合されていることの多いミノキシジルという成分には、動悸やむくみが生じる可能性があることが報告されています。反対に毛が多く生えすぎる多毛症という副作用を引き起こすことも。
一方で育毛剤は誰でも使用できるよう、比較的副作用がない成分のみで作られています。
また薄毛がそこまで気になっていない方は、発毛剤ではなく育毛剤で薄毛の進行を食い止めるようにする程度でも大丈夫でしょう。

 

発毛剤の種類

発毛剤には塗るタイプと飲むタイプがあります。塗るタイプにはミノキシジルが配合されている発毛剤が多く、薄毛が気になるところに直接塗ってケアしていきます。
このミノキシジルは男性の薄毛、抜け毛の症状であるAGAには効果的ですが、女性の薄毛、抜け毛にはあまり効果は期待できないという点も注意しておきましょう。
一方で飲む発毛剤には、プロペシアやザガーロといった成分が含まれていることが多いです。プロペシアには男性ホルモンを抑制する力があります。男性ホルモンが過剰に分泌されることで薄毛が進行してしまいますので、これはかなり効果的と言えるでしょう。
しかし肝機能障害や性欲の低下などが見られる可能性もありますので、服用の際は医師とよく相談しておきましょう。

 

養毛剤もチェック!

育毛剤、発毛剤の違いは理解していただけましたか?ここでもう一つ、養毛剤についてご紹介いたします。
養毛剤はあまり聞き馴染みのない方が多いかもしれませんが、頭皮の環境を整えるために役立つアイテムです。フケやかゆみ、炎症を予防して、頭皮を清潔な状態に保ってくれます。また、頭皮や髪に栄養を与えることができるアイテムも。
頭皮の環境を改善することで結果的に薄毛が改善されたり、育毛剤や発毛剤の効果を得やすくすることができます。
医薬品に分類される発毛剤や医薬部外品に分類される育毛剤と違い、養毛剤は化粧品に分類されるため効果はかなり弱めとなっていますが、その分安心して使うことができるアイテムも多いため、薄毛、抜け毛を予防したいとお考えの方にはおすすめですよ。

 

育毛剤と発毛剤の違いを理解しておこう!

育毛剤、発毛剤、養毛剤のそれぞれの特徴をご紹介いたしました。
まだ薄毛や抜け毛が気にならない方は養毛剤、少し気になってきて進行を止めたい場合は育毛剤、薄くなってしまった髪を生やしたいとお考えの方は発毛剤と、自分の悩みに合わせてアイテムを使い分けることが大切です。それぞれのメリット、デメリットもよく理解して選ぶようにしてくださいね。

 

自然派シャンプー 花しゃん

 

女性薄毛ケアDolci Bolle

 

女性育毛剤Kenomika

 

髪と頭皮のエイジングケア CA101

 

女性育毛剤 AYAKAMI

 

 

当サイトおすすめの育毛剤ランキングはこちらクリック
        ↓ ↓ ↓

 

比較ページへのリンク画像