育毛剤に使用されることの多い植物成分とその効果

女性育毛剤に使用されることの多い植物成分とその効果

育毛剤には、髪や頭皮に低刺激な植物成分が配合されているものがたくさんあります。しかし「植物成分がいっぱいだから薄毛対策にいい!」と決め付けるのはちょっと待ってください!
どの植物成分が頭皮や薄毛にどのように影響があるのかをまとめてみましたので、自分の求める効果が本当に含まれているのか、育毛剤選びの参考にしてくださいね。

 

オタネニンジンエキス

多くの育毛剤に配合されているのがこのオタネニンジンエキスです。オタネニンジンエキスは高麗人参、朝鮮人参とも呼ばれ、漢方や栄養ドリンクにもおおく使われています。
強心作用、精力の増進、自律神経失調症の改善、滋養強壮などの効果があります。
また、血行をよくして代謝を高める力、免疫力を高める力、タンパク質の合成を促す力もあり、これが頭皮の環境を整えるのに効果的と考えられています。
オタネニンジンエキスは直接的に髪には影響するわけではありませんが、健康的な髪が育ちやすい環境にしてくれるという点では効果的と言えるでしょう。

 

センブリエキス

センブリエキスも育毛剤に含まれることが多い成分ですね。
センブリエキスには抗酸化作用があり頭皮や髪の老化を食い止めるのに効果的です。抗炎症作用があり、炎症によってダメージを受けた頭皮を守る力もあります。
また、オタネニンジンエキスと同じく血行を促進する力もあり、栄養不足で髪が育ちにくくなっているような方には効果的。
さらにセンブリエキスには毛乳頭細胞を活性化させる働きがあると言われています。毛乳頭細胞は髪を作り出す重要な細胞。この毛乳頭細胞を活性化させることで、抜け毛を減らしていくことが可能になります。

 

チョウジエキス

チョウジエキスは丁子という木のつぼみから抽出されるエキスです。古くから胃腸の働きを高めるとして生薬に用いられてきました。
育毛との関係としては、抗炎症作用、抗菌作用、殺菌作用があります。乾燥や皮脂の過剰な分泌によって荒れてしまった頭皮の環境をよくして、悪い働きをする雑菌を減らしてくれます。
血行促進の力があるのも特徴です。
また、チョウジエキスには5a-リダクダーゼの生成を抑える力もあります。この5a-リダクダーゼは男性の薄毛、AGAの症状を進めてしまいます。
このような効果から、チョウジエキスは男性向けの育毛剤に含まれることが多いです。

 

アロエベラエキス

アロエは古くからケガの治療に用いられ、整腸作用があることから日本でもヨーグルトなどに配合されていることで有名です。アロエベラエキスは肌荒れを予防、改善する力もあるため、スキンケアアイテムに配合されていることも多いですね。
そんなアロエベラエキスは、育毛効果としては保湿、抗炎症、抗菌が挙げられます。直接育毛に関係はしないものの、頭皮が乾燥することによって起こる赤みやかゆみなどを抑え、健康的な頭皮に導くことが可能になります。
頭皮が乾燥しているとちょっとした刺激でも頭皮が傷つきやすく、雑菌が入り込みやすくなってしまいます。
アロエベラエキスのような天然の保湿成分で頭皮を潤し、刺激に負けない強い頭皮を目指しましょう。

 

カンゾウエキス

甘草の根の部分から抽出されるカンゾウエキス。殺菌効果の高いグリチルリチンが配合されており、頭皮の荒れを抑えてくれます。フケやかゆみ、炎症などでお悩みの方には効果的な成分と言えるでしょう。
乾燥で悩んでいる方よりは、頭皮がベタつく方におすすめの成分です。

 

ダイズエキス

お馴染みの大豆から抽出されるダイズエキス。女性ホルモンのエストロゲンと似た働きがあることは、女性ならご存知かもしれませんね。
女性ホルモンの低下は女性の薄毛に関係しています。ダイズエキス配合の育毛剤から取り入れることで、薄毛、抜け毛を予防することができるでしょう。
また、ダイズエキスには保湿効果もあります。頭皮が乾燥しがちな女性にはとくにおすすめの成分と言えます。

 

トウガラシエキス

トウガラシエキスにはカプサイシンという成分が含まれています。カプサイシンはトウガラシの辛味の元となる成分ですが、毛根を刺激して毛根付近の血管を広げ、血流をよくするという力があります。
トウガラシエキス入りの育毛剤を利用するとホカホカと暖かく感じることがあるかもしれませんが、それこそが血行がよくなっている証拠!ひどい痛みや刺激があるような場合は使用を中断した方がいいですが、市販の育毛剤でそこまで刺激が強いものはまずないのでトウガラシエキス入りだから…と身構える必要はありません。
血液のめぐりをよくし、毛穴を開かせることで育毛剤の浸透もよりスムーズなものにしてくれますよ。

 

自分にぴったりの植物成分を選ぼう

育毛剤に配合されていることの多い植物成分と、その働きをご紹介いたしました。植物成分は低刺激でどんな人でも使いやすいというメリットがありますが、ただやみくもに植物成分入りの育毛剤を選ぶのではなく、自分に必要な成分であるかどうかもしっかり見極めて女性の育毛剤を選ぶようにしてくださいね。

 

もう失敗したくない!女性の育毛剤選びに重要なポイント

 

自然派シャンプー 花しゃん

 

女性薄毛ケアDolci Bolle

 

女性育毛剤Kenomika

 

髪と頭皮のエイジングケア CA101

 

女性育毛剤 AYAKAMI

 

 

当サイトおすすめの育毛剤ランキングはこちらクリック
        ↓ ↓ ↓

比較ページへのリンク画像