育毛剤は若ハゲにも効果あり?20代で使っても大丈夫?

女性育毛剤は若ハゲにも効果あり?20代で使っても大丈夫?

まだ20代なのに薄毛が気になる、これからもっとハゲたらどうしよう…と不安に感じている方は意外と多いです。今回は20代の若ハゲに焦点を当てて、その原因や対処法をご紹介していきます。

 

若ハゲの原因とは?

若ハゲは正式には若年性脱毛症と呼ばれる症状です。
この若年性脱毛症の一番の原因はテストステロンという男性ホルモンが過剰に分泌されること。若年性脱毛症の特徴として、頭の毛は薄くなるのに胸毛などの体毛が濃くなるという点があります。頭皮は自分ではなかなかチェックすることができませんが、最近体毛が濃くなってきた…と感じる方は要注意。すでに若ハゲが進行しているか、薄毛になる予備段階に入っているかもしれません。
また、男性ホルモン以外にも若ハゲの原因はあります。
男性向けのシャンプーは洗浄力が強くさっぱりとした使用感のものが多いですよね。とくに男性はヘアケアにあまり関心のない方が多く、市販の中でも安いシャンプーを選びがち。このような強い洗浄力のあるシャンプーや安いシャンプーには、ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naといった洗浄成分が配合されていることがあります。これらは安価で汚れを落とす力が強いものの、頭皮に必要な皮脂や水分までごっそり奪ってしまうという特性を持っています。
すると頭皮が乾燥した状態になり、刺激に弱い状態に。フケやかゆみの原因にもなり、健康的な髪が育ちにくくなってしまいます。
シャンプーは洗い心地がマイルドなものにして、1日1回程度の使用に留めるようにしましょう。

 

女性の育毛にいいアミノ酸系シャンプーって何?

 

若ハゲ対策に重要なのは今ある髪を丈夫にすること

若ハゲ対策をとるにあたって重要なのは、今ある髪を丈夫なものにするということです。抜けてしまった髪の毛を気にするのではなく、現状、またはこれから生えてくる髪を抜けにくく、太くて元気なものにするよう心掛けていきましょう。
若いうちに薄毛対策をしておくことで、今は薄毛が気になっていても将来的にさらに薄毛になることを防ぐことができます。「遺伝だから」「薄毛対策なんて恥ずかしいから」と諦めてしまわずに、早めに薄毛を予防する育毛剤を使ってみましょう!

 

女性の薄毛対策は早めが肝心!いつから育毛剤を使うのが正解?

 

20代でも育毛剤を使っていい?

育毛剤というと中年男性が利用するイメージがあり、20代が使っても意味がないのでは…とお考えの方もいるかもしれません。
しかし、育毛剤の使用は早ければ早いほどいいと言われています。市販の育毛剤には抜けてしまった毛を増やす力はありません。現在生えている髪の毛を丈夫にしてくれるものという考え方が一般的ですので、まさに若ハゲに悩む方にはもってこいなんです。
若い内は新陳代謝や血液の循環も活発で、育毛剤の効果も実感しやすいことでしょう。
将来もっとハゲてきてから慌てて育毛剤を使うのでは遅すぎるという可能性もあります。若ハゲが少しでも気になるようになったら、育毛剤を使うことを検討しましょう。

 

20代の育毛剤の選び方①使用感

ここからは20代におすすめな育毛剤の選び方をご紹介いたします。
まずは使用感。20代はカラーリングやパーマ、ワックスでのスタイリングなどを楽しみたい時期ですよね。そんなスタイリングの邪魔をしない、さらっとした使い心地の育毛剤を選びましょう。効果の高い育毛剤の中にはベタつきが気になる育毛剤もありますが、まだそこまで気にする必要はないという程度なら効果が弱くても副作用の心配が少ない育毛剤を継続して使う方がおすすめです。
また、育毛剤の中にはメントールなどの匂いがキツいものもあります。この匂いがおじさんくさくて嫌!という方も多いですよね。最近は無香料の育毛剤も増えてきていますので、ぜひチェックするようにしてください。

 

20代の育毛剤の選び方②続けやすさ

育毛剤は長期間続けて使用することが一番の薄毛予防につながります。一度購入したもののなかなか使わなかった、たまにしか使わないというようではせっかくの育毛剤も十分な効果を発揮することができません。
自分が続けやすいと感じるものを選ぶようにしましょう。
たとえば、手にとって頭皮に塗布するタイプの育毛剤が面倒と感じるのなら、ノズルタイプやスプレータイプの、頭皮に直接塗布できるものを。
コンパクトなサイズの育毛剤なら、外泊が多い方でも気軽に持ち運ぶことができますよ。
どんな薬局でも販売しているようなメジャーなブランドの育毛剤なら、使い終わったあともすぐに購入することができて切らす心配もありません。

 

20代で内服薬を利用するのは慎重に

AGA治療専用のクリニックでは、育毛に効果的なプロペシアという内服薬を処方されることもあります。
しかしこのプロペシアには勃起不全、性欲減退といった副作用が見られることも。この副作用は個人差があり、使用してからでないと自分に合っているのかどうかを見極めることができません。
服用をやめてもこの副作用がなかなか抜けないという声もあり、20代の内から使用するのは少し考えたいところですね。
本格的にクリニックで治療する場合は、このような不安も医師にしっかり伝えて、対策を考えるようにすることも大切です。

 

AGAクリニックではどんな治療が行われる?女性育毛剤の効果は?

 

自然派シャンプー 花しゃん

 

女性薄毛ケアDolci Bolle

 

女性育毛剤Kenomika

 

髪と頭皮のエイジングケア CA101

 

女性育毛剤 AYAKAMI

 

 

当サイトおすすめの育毛剤ランキングはこちらクリック
        ↓ ↓ ↓

比較ページへのリンク画像